建てる・リフォームする

環境共生住宅推奨部品データベース

開口部材(窓・ドア)

開口部は室内と室外をつなぐ役割をもち、「開ける」「閉じる」と相反する性能・機能を求められる重要な部品です。
閉じるという性能では、冬の寒さをしのぐ為に断熱性が求められています。

目次

部品リスト

1. 開口部材の使い方・暮らし方の工夫

居住者が、日常生活で取り組む上手な使い方、手入れ、使用上の注意点は下記の通りです。
(具体的な手入れや使用上の注意点は、機器メーカーの説明書やホームページ等を参照してください)


■ 断熱~保温する~

窓の断熱性能をさらに高めるために、カーテンやブラインドを取付けましょう。10%程度の省エネ効果が試算されています。
(出典:自立循環型住宅への設計ガイドライン/財団法人建築環境省エネルギー機構)
日が落ちたら、カーテンやブラインドを閉めましょう。冬の太陽の熱はとても暖か、でも日が落ちるとぐっと気温が下がります。
そうなる前に、カーテンやブラインドを下ろして、積極的に保温しましょう。

■ 遮熱~熱を入れない~

夏の日射を室内に入れないように遮ります。熱を遮る場所は、室内側より外部のほうが効果的です。
外付けのブラインドや、後から設置ができるすだれやよしずなどを積極的に活用しましょう。

■ 防露~結露を防ぐ~

気密性の高い建物は、室内の湿度も逃げにくく、窓ガラスに結露を発生することがあります。
結露は、カビの発生につながりますので、結露を発生させないために、生活の中でも注意しください。
まず、水蒸気の発生を抑えましょう。
・室内で洗濯物を干さない。
・観葉植物を置きすぎない。
・開放型の暖房機を使わない。(石油ストーブなどです)
そして、発生した水蒸気を適切に逃がしましょう。
・窓を開けて換気する。
・換気扇を動かす。
・密閉型の暖房機(FF式暖房機)を使う。

■ 通風・換気 ~風を通す~

風を通すための窓があっても、それを開けたり閉めたりしなくては、効果はありません。
夏は外気温度と室内の温度が分かるように温度計を設置し、室内より外部の温度が低ければ、窓を開けて積極的に風を通しましょう。
逆に室内より外部の温度が高いときに窓をあけると、熱気を取り込んでしまうこともありますから注意しましょう。

■ 防犯性

侵入を防ぐためには、窓のまわりの見通しを良くしておく事も効果的といわれています。
また、窓周りに足掛かりになるようなものを置いたりしないように、常に整理をしておきましょう。

2. 開口部材を選ぶ視点

環境に配慮した開口部材を選ぶ視点は下記の通りです。


■ 窓の種類と断熱性能

断熱性能の高い窓を選ぶと、窓から逃げる熱が少なくなり、冬、部屋を暖かく保つことができます。

ガラスの種類
低放射複層ガラス 断熱性と遮熱効果に優れた特殊金属Low-E膜をコーティングしたガラス。室内側のガラスにコーティングすると断熱性に優れ、室外側のガラスにコーティングすると遮熱性に優れます。 複層ガラス 二枚の板ガラスの間に乾燥空気を封入することで断熱性を高めたガラスです。


■ 断熱性能

断熱性は、JIS ではH-1 等級からH-5 等級で区分され熱貫流抵抗(R)の単位(m2・K/W)で表示されます。断熱性能を表す数値としては、熱貫流抵抗や熱貫流率が使われます。 熱貫流抵抗とは、熱貫流率の逆数(1 /熱貫流率)で熱の移動のしにくさを表しています。熱貫流抵抗が大きいほど熱が移動しにくいので断熱性能は良いということになります。熱貫流率とは内外の温度差が1℃の時、窓面積1 m2あたり1 時間にどれくらいの熱が移動するかを表す数値のことです。熱貫流率が小さいほど断熱性能が良いということになります。従いまして、H-5がもっとも高い断熱性能を持っています。

(出典:一般社団法人日本サッシ協会)

■ 気密性能

風が吹くと室内外に気圧差が生じ、気密部品の接触部分からすき間風が生じます。このすき間風を規制する性能を気密性能といいます。A-3等級とは、風速4m/s程度の風(=木の葉や小枝が休みなく動く程度の強さ)が正面から窓に当たっているときに、窓表面1m2あたりに1時間8m3(=1辺が2mの立方体)以下の空気が出入りする性能です。サッシのすき間から出入りする空気の量が少ない方が性能が良いということになります。 A-4がもっとも高い気密性能を持っています。

(出典:一般社団法人日本サッシ協会)

■ 窓の種類と通風性能

低い位置に風の入口になる窓を、高い位置に熱気を逃すための窓を設けると、風通しがよくなり、夏の暑さを緩和できます。

○ 卓越風を考慮した入口と出口

地域の卓越風を考えて風上と風下に開口部を設けます。 一箇所の開口部で通風性能を考えた窓もあります。

○ ウィンドキャッチャーによる通風

卓越風が流れていく壁面に出窓や滑り出し窓を設置し、風上側の面に開口部を設けると、その部分がウィンドキャッチャーになり、風を取り込むことができます。

○ 温度差換気を利用した通風

低い位置と天窓や頂側窓、腰屋根など、高い位置に開口部を設けることで、温度差による風の流れが生まれ、風が無くても通風効果が得られます。


■ 光を取り入れる窓

太陽の光を窓から室内に取り入れて、室内を明るくすると、照明に頼り過ぎない暮らしができます。

○ 高い位置の窓

窓の位置が高いほうが、部屋の置くまで光が届きます。
天窓は側窓に比べて明るくなります。

○ 縦長の形状

同一面積の窓であれば縦長の形状のほうが照度の均一性が少し上がります。
縦長窓は主意の障害物の影響を受けにくい傾向があります。

○ 日射調整部材との併用

夏期は日射熱が直接室内に入ることがないように日射調整部材も同時に計画します。


■ リサイクル材料・リサイクル可能材料

リサイクル材料を使用するほかに、部品を廃棄した後にリサイクルが可能な材料であることも資源を循環させるひとつの取り組みです。リサイクル可能な材料をリサイクルさせるためには、リサイクルがしやすいように、素材ごとに分解・分離しやすい構造にしてあり、さらに、リサイクルができるしくみ「産業廃棄物広域認定制度」が整っていることも大切です。 例えば、アルミと樹脂の複合サッシでは、簡単に異種の材料を分離できるように構成したり、それぞれの素材が何であるかを分かるように明記しています。 また、ガラスには産業廃棄物広域認定制度を取得しているものもあります。

■ 廃棄物の発生を抑制

製造時に端材などの副産物が発生した場合は、そのまま原料として再利用したり、窓の仕上げの窓枠はサッシにあわせて精寸カットし、余計な残材の発生を抑制したりする取り組みを行っています。

■ 室内空気汚染を防止

○ 化学物質の使用を最小限にする

ホルムアルデヒドは素材としてそもそも放散するものとして「ホルムアルデヒド発散建築材料」が法律で整理されています。窓は「ホルムアルデヒド発散建築材料」に該当しませんが、メーカーによっては、放散量が少ないF☆☆☆☆であることを表示しています。 居室に面するように玄関ドアを使用し、また塗装仕様であった場合は、塗料にトルエンなどが溶剤として含まれる場合がありますので、確認しましょう。窓については、樹脂サッシは、プラスチックを柔らかくするためにフタル酸ジ-2-エチルへキシルといった可塑剤が含まれています。また木製サッシの場合は、塗装されていますので、ドアと同様の確認をすると良いでしょう。 その他、厚生労働省は「13物質 」について室内濃度指針値を定めています。これらの物質については、含有の有無を、MSDSで確認するか、放散速度を測定している場合もありますので、メーカーに問い合わせて確認することができます。できるだけ使用していない、あるいは放散速度の小さいものを選びましょう

○ 換気性能により有害物質を排出する

建物に用いられる建材以外にも、生活の中で持ち込まれる家具や、防虫剤や殺虫剤などから発生する有害物質が室内空気汚染を引き起こすことがあります。こうした有害物質が室内に滞留しないように、窓を適切に計画して換気を行ないます。

■ 四季を楽しむ「窓」


■ 使いやすい機能

窓の断熱性能をさらに高めるために、カーテンやブラインドを取付けましょう。10%程度の省エネ効果が試算されています。
(出典:自立循環型住宅への設計ガイドライン/財団法人建築環境省エネルギー機構)
日が落ちたら、カーテンやブラインドを閉めましょう。冬の太陽の熱はとても暖か、でも日が落ちるとぐっと気温が下がります。
そうなる前に、カーテンやブラインドを下ろして、積極的に保温しましょう。

○ 段差がない

サッシの下枠のレールをフラットにし、段差をなくすことで、車椅子でも移動しやすくしている製品があります。

○ 開けやすい

複層ガラスで大型の窓は重くなりますが、開けやすいように取手に工夫がされているものがあります。

○ 手をはさまない

勢い良く閉めた際に、窓に手をはさむ危険性があります。これを防ぐために勢い良く閉めた時に、閉まりきる前に障子が一旦閉まる機能があります。

○ 手入れがしやすい

すべり出し窓は室内にいても、回転して外側の窓も拭ける機能があります。

■ 防犯性能

○ 窓を破るのに時間がかかる機能

CPマークのついた製品は、防犯性が高いものとして認定されているものです。
侵入者がこじ破りなどのための行為を始めて5分以上たっても破れないものです。
ガラスやカギなどの工夫によりこの認定を取得している製品があります。

○ 通過できない大きさとする

40cm×25cmの長方形や、40cm×30cmの楕円形、直径35cmの円は通過が不可能とされています。
これらのサイズの窓を計画することで防犯性が高まります。

○ 面格子やシャッターを用いる

侵入できないように面格子やシャッターを用いることも有効です。シャッターは夏の暑さの対策として通風できるものもあります。

■ 遮音性能

防音に配慮した戸建て住宅では、一般的にJIS等級での目安としてT-1、T-2、T-3の性能の窓が使 用されます。例えばT-2等級ですと外部が80dB(デシベル)あった場合、内部では50dB以下(=静かな事務所程度)になるということになります。これはあくまで基準としての窓の遮音性能であり、実験室と実際の住宅では窓以外のすき間の有無や天井・壁・床など空間の条件が異なりますので、カタログなどに記載している窓の遮音性能値と、お住まいで実測する数値とは異なります。

(出典:一般社団法人日本サッシ協会)
ページTOPへ